クローゼットの肥やしとなっていたスカートが日の目を見た

普段私はほとんどスカートを履きません。会社に行くのに、家の最寄り駅まで自転車を使っているので、スカートがまくれ上がるのが気になるんです。

それでもやっぱり女なので、素敵なスカートをお店で見ると、着てみたくなり試着をしてしまいます。試着すれば欲しくなってしまうのが人間で。自宅のクローゼットには、結局出番の無いスカートが何着もある状態です。

このままではいけないと思っていたら、ここ数年レギンスなるものが流行り始めた。男性陣には評判悪いようだけど、結婚した私にとっては、もう男性陣の視線なんか関係なく。

それ以前に男性の方が気にもならないか。
レギンスを履けばスカートで自転車に乗れるようになるんじゃないか?と試しに一足買ってみたらビンゴ。おかげでタンスの肥やしとなっていたスカートの数々が日の目を見るようになりました。

レギンス様様です。